流行りのプライダル、フォトウェディングで記念写真

意味

kekkonsiki

ウェディングとプライダルは、同じような意味を持つことから混同されることも良くある。
しかし、この2つの言葉は若干違っている。
ウェディングというのは、結婚をするから来た言葉で、結婚という行為そのものを指すことが多い
逆に、プライダルというのは婚礼や花嫁を指す。
この2つの言葉を辞書で引いた場合、どちらにも婚礼・結婚式という様に書かれているはずである。
しかし、若干言葉のニュアンスが違うものであるため、あらゆる場面で使い分けられている。

起源

Photo

日本の結婚式の起源は、完全には解明されていないものの日本神話が元ではないかと言われている。
イザナミとイザナギが、結ばれるまでの描写がされている。
これが、今の結婚式の元となっているという説が有力である。
実際に結婚という言葉が認知され始めたのは平安時代のことで、通い婚という形になっていた。
通い婚というのは、妻、あるいは夫が相手の家を尋ねるもので夫婦が同居しない形を指す。
このような通い婚が、平安時代では最もポピュラーなものだったのである。

種類

プライダルは、現在様々な形を持っている。
普通の結婚式だけでなく、ゲストハウスウェディング、レストランウェディング、フォトウェディング等が存在している。
このような結婚式の形を選ぶカップルが増えているため、プライダルを扱う会社では様々なプランを取り寄せるようにしている。
最近では、結婚式を行わずに籍だけを入れるカップルというのも増えてきているが、このような様々なプランが出ているため結婚式をするカップルは若干増えたようである。

NEWS INFORMATION

2014/03/27
撮影を更新しました
2014/03/27
時代を更新しました